広告

AMANPURI取引所がBitmexを超える根拠!

AMANPURIは配当型取引所の1つで

主軸通貨AMALを保有していると取引所収益の5%をBTCで還元されるという取引所です。

最近は同じ配当型取引所のCROSSexchangeのXEXが暴落しているので

『何か他に良いコイン銘柄ないかなー?』と探していたところこのAMANPURIを発見しました。

 

具体的に『他の取引所と何が違うか?』の理由を述べます。

主に以下5つ。

1.配当型取引所

2.新規取引所

3.発行枚数に対しての価格が安い=時価総額が軽い

4.紹介報酬・リファが業界No.1

5,出来高が必ず上がる仕組み

が大きな特徴です。

 

1.配当型取引所

配当型取引所はFcoin?が恐らく最初に始まりました。

仮想通貨を長期間貸し付けて利子を貰うレンディングというサービスはありましたが

今回の配当型取引所はレンディングとはまた違うものです。

 

配当型取引所は取引所の主軸通貨を保有しているだけで毎日報酬が受け取れるのです。

このサービスはFcoin、CROSSexchangeの次ぐらいでしょうか?

Fcoinでは取引所OPENして間もない間に出来高世界一位を取ったり

FcoinJPではOPRM前に主軸通貨のFJが数百億円分買われたりお祭り的な活気でした。

 

この配当型取引所は運営がユーザーに取引所の収益や取引手数料を還元するサービスです、

一般取引所をどんなに利用して出来高に貢献しても配当や還元というものは1円も貰えませんが

この配当型取引所では出来高が上がれば上がるほど配当が大きくなるので

利用者がどんどん増える仕組みなのです。

 

取引所は出来高が多くなれば収益が増えます、

ユーザーは出来高が多くなれば配当が増えます。

なのでお互いWIN-WINの関係なのです。

損する人が誰一人いません。

 

なのでこれからの時代一般取引所は何か機能特化してなければ利用価値がなくなり

このような配当型取引所にユーザーが流れると思われます。

 

 

2.新規取引所

新規取引所というだけで激熱です。

どの取引所も最初は基本的に無名で利用者があまりいない状況です。

 

しかし逆に考えてください。

ユーザーが少ないからからこそライバルが少ないので

安い金額の内に主軸通貨を購入できるチャンスなのです。

 

ユーザーが増えていって取引所が大きくなればなるほど主軸通貨も比例して価値が上がっていくので

先に”原石を発掘”すれば一発当たる夢があります。

 

SnapCrab_NoName_2019-11-5_22-1-17_No-00.png

例えば世界大手取引所のBinanceの主軸通貨のBNBでは

上場した価格は0.1ドルでした。

最高値は40ドルになり400倍です。

現在でも20ドルをキープして200倍になっています。

他にも色んな主軸通貨はありますがどの通貨も上場の時の価格より圧倒的最高値を更新しています。

なので取引所の主軸通貨で上がらなかったコインは聞いたことがありません。

 

主軸通貨は必ず需要があるので時価総額上位を占めているものが多いです。

例えば

Binance(BNB)8位

HT(Huobi token)15位

ZB.COM(ZB) 43位

KuCoin(KCS)49位

OKEX(OKB))214位

全ての通貨を把握していないですががメジャーの主軸通貨は↑の通りです。

最近ではNOAHが主軸通貨の取引所も出来ましたね。1か月で30倍?以上とかになったそうです。

 

3.発行枚数に対しての価格が安い=時価総額が軽い

次に時価総額の軽さについて考えてみます。

BinanceのBNBでは現在20ドルに対して総発行枚数2億枚

CROSSのXEXでは現在0..017ドルに対して総発行量100億枚 現在市場流通50億枚分が市場流通されています。

AMALでは0.08ドルに対して総発行量 2.1億枚 市場流通1.26億枚しかありません。

AMALは発行枚数、市場流通枚数が少ないのが特徴です。

特に実際で売買される市場流通は総発行枚数の60%しかない為実質1.26億枚なのです。

発行枚数が少ないと1枚あたりの価値が高くつきやすくなります。

 

例えばBNBとAMALを比べた時、ほぼ同じ発行枚数に対して

BNBでは20ドル、AMALは0.08ドルです。250分の1の価格です。

市場流通で見れば410分の1になります。

BNBは時価総額7位で取引所としても世界超大手ですが

AMANPURIもそれぐらいの規模になれば250倍~410倍になる可能性もあるということです。

 

それでは次にXEXとAMALを比べてみます。

価格が4.7分の1に対して発行枚数が50分の1です。

つまり今現在のCROSSの規模になれば10倍以上の価格になります。

それもXEXはここ3カ月で大暴落していますが全盛期は現在の価格の10倍以上になっていました。

なのでCROSSの全盛期の頃のレベルになれば100倍以上もありえるということです。

 

現在Biki取引所ではAMALが上場されていますが16倍の価格になっています。

取引所毎に同じ銘柄の価格の乖離が発生した時は価格差が縮まります。

なのでAMANPURIが上場されればまずはBiki取引所の価格を目標に上がっていくと思いますので今のうちに購入するべきです。

そして0.08ドルで購入できる公式サイトの販売所は11/15 21時に完全終了するそうです。

あと10日間しか時間はありません。

4.紹介報酬・リファが業界No.1

BitmexやBinanceが世界大手になれた理由としては

リファがあったからだと思います。

 

リファは悪いイメージがありますが

取引所がアフィリエイター(紹介者)に配当を還元するようなものなので

運営が収益を独り占めするわけではないので良いことだと思います。

 

リファは人が人を呼んでくれるので特別な集客や広告をかけなくても勝手に人は集まります。

それに取引所は飛んだり無くなるというリスクが比較的小さいので紹介側は安心して紹介出来ますね。

これからの時代は取引所運営がいかにユーザーに還元できるかが大きなポイントになると思います。

 

 

SnapCrab_NoName_2019-11-5_22-38-12_No-00

Bitmexでは紹介者の10%~20%の取引手数料を貰えます。

Binanceは現在リファは廃止しましたがOPENから1年ぐらいはやっていましたね。

 

SnapCrab_NoName_2019-11-5_13-8-10_No-00.png

 

AMANPURIでは紹介者の40%も貰えます!

更に5段階下まで報酬発生するので新規取引所だからこそ今が紹介するチャンスです。

ユーザーや紹介者のアフィリエイターはやはり紹介報酬が高いところに集まってきます。

AMANPURIでは世界で恐らく1番リファが高いので自社で集客しなくてもこのリファだけでも勝手に人は集まります。

 

SnapCrab_NoName_2019-11-5_22-38-22_No-00

Bitmexではあまり紹介していませんでしたがそれでも66人ぐらいしか紹介していませんが

毎日そこそこのBTCを貰えてます。

AMANPURIでは数百人既に紹介していてリファ率がbitmexの2倍~4倍もあるので楽しみです。

 

SnapCrab_NoName_2019-11-5_22-50-39_No-00.png

例えば他の取引所ではリファ自体が無かったり

↑の画像のCoinexchangeのように配当率が低かったりするので配当が低かったり。

何か特化していない限り取引所は流行りませんし紹介する気にもならないのが当たり前なことです。

ちなみにcoinexchangeでは479人も紹介して通算0.013BTCしか貰えてません。

 

5,出来高が必ず上がる仕組み

まず取引所の価値は出来高の多さによって決まります。

 

出来高があればあるほど取引所運営の収益が発生します。

そして出来高が多ければ板がが厚くなり流動性が増すので

ユーザーが利用しやすい環境になります。

 

出来高が高ければ世界中からコインを上場させたいという希望者が増え

出来高がある取引所は需要が高いので更に出来高を上げやすくなります。

 

今からの『新規取引所新規参入で厳しくないの?』と思う方が多いと思いますが

何か特化したものが無ければ厳しいですが、

AMANPURIでは必ず出来高が上がる仕組みが出来上がっています。

それは

①レバリッジ100倍、アルト50倍

②MAM搭載

そして上記にもあった

③世界1のリファラル(40%)

この3つだけで必ず流行ります。

細かい箇所で言えば電話サポート、アメリカMSBライセンス、フィアットUSD入金・建て、モバイルアプリと言ったところでしょうか?

 

順番に説明していくと

①レバリッジ100倍、アルト50倍

レバリッジの意味は皆さんご存知だとは思いますが

少ない資金でも大きな金額の取引をすることが出来るのです。

なので現物取引所よりレバリッジがある分大きく出来高が付くことになります。

レバリッジ導入している取引所はまだまだ少ないです。

低レバリッジの2倍~4倍とかはそこそこありますが100倍とかの規模はあまりないです。

ちなみに日本だとどこも最大4倍までです。

レバリッジが低いと利益があまり出ないので日本のbitflyerなどからユーザーが大きく流れてくると思われます。

そして同一レバのBitmexはレバリッジしか特化している部分が無いので後に流れてくると思われます。

 

②MAM搭載

MAMとは選択した他人のユーザーと同じコピートレードが出来るというものです。

お金を直接預けたりするわけではないので安心して利用出来ます。

MAMトレードに強いトレーダーがいれば何もしなくても安心して資産を増やし続けることが出来ます。そして安定していれば長期間トレードを自動で取引してくれるので出来高が絶対に付きます。

BTCは板取引なのでMAMトレーダーやユーザーが勝ちまくっても運営の収益には関係ありませんのでご安心下さい。

このMAM機能は為替のFXではよくありますが仮想通貨取引所では”世界初“です。

世界初の機能なら絶対に人は集まりますよね?

 

③世界1のリファラル(40%)

上記にも書きましたがAMANPURIは世界で1番多いリファ率です。

5段階下まで報酬発生するので新規取引所だからこそ今が紹介するチャンスです。

リファ率が高ければアフィリエイターが勝手に宣伝集客してくれるので

人が人を呼んできてくれます。

人が多くなれば出来高が増えるので一般ユーザーの目にも留まりやすくなります。

 

細かい部分で言えば

電話サポート(導入している取引所はあまりない)

アメリカMSBライセンス(MSBとは、Money Service Business(マネーサービス業)の略称で、アメリカで金融取引に関する不正や犯罪を行わない正式な金融取引業者として、登録した業者に与えられるもの)

フィアットUSD入金・建て(導入している取引所はあまりない)

高セキュリティ(マルチシグを利用したコールドウォレットに保管 24時間のうち95%をマルチシグを利用したコールドウォレットに資産を保管します)

モバイルアプリ(導入している取引所はあまりない)

現在β版がオープンしており実際にチャートで取引が出来ますが見やすく使いやすいです。

操作性においても使いやすい取引所にユーザーが流れると思いますので

あとは時間の問題ですね!

開発陣や運営はかなり優秀な人材が揃っていると思いました。

以上が出来高が絶対に付く根拠理由です。

 

正直ここまで機能多彩な取引所は他にないです。世界で1番断トツで凄いと思います。

過去最高に仮想通貨の銘柄、取引所で1番自信持って紹介出来る案件かと思います!

 

登録

公式AMANPURI取引所

※11/15 21時までAMALが0.08ドルで購入出来ます

※AMAL上場、公式OPENは今月中

※リファしたい方は登録し公式サイトにURLが発行されます

※Discordコミュニティもありますので良ければ参加下さい。

 

 

広告

関連記事

  1. 【3月29日】H&Bノアコイン買い取りページ公開!

  2. cross exchangeマイニング10%upキャンペーン

  3. 新規取引所CROSSexchangeの配当が時給9200円+α!

  4. クリプトGT20%入金キャンペーン

  5. オススメな為替FX証券会社は?

  6. XEXロックアップバトル本日一位獲得!XEXの今後の動き

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

Bigboss-MAM-クロノ

banner
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。