広告

CROSSexchangeXEX爆上げ要因は?IEOのXCRは買うべきか?XCRとXEXの違いは?

CROSSexchangeが5日間で底値から倍以上になっていてテンション上がっています。

今回は爆上げの要因分析とIEOのXCRについて話します。

 

先に結論から言うとIEOのXCRは”まだ購入しなくてもよい”という結論に至りました。

今回の爆上げ要因は2つです。

①テクニカル

②IEO XCRの販売開始アナウンス

 

爆上げ要因①テクニカル

SnapCrab_NoName_2019-8-25_23-59-16_No-00.png

↑の画像はXEX/USDTの日足チャートです。

青い線を引いたところがダブルトップと言います。

上の水色の線高値(ヘッド)で2回抑えられ、真ん中の線のネック(へそ)を下回ったところで

ダブルトップネックライン割れで暴落します。

理想値は高値~ネックの2倍ぐらい下がります。(上位足の形次第というのもありますが)

今回は2倍以上下がっています。

もう1つ注目して欲しいのがIEO開始価格のところでピッタリ支えられたところが大きいポイントです。ここの意識しているところで支えられれば間違いなく反発します。

今回は暴落した幅も大きかったのでその分戻す力も大きくなるのでこの上げは想定内です。

自分はそれを読んでいたので買い増ししていました。

 

そしてファンダメンタルから言うと

未来ある通貨は必ず戻ります。なので仮想通貨の未来ある通貨の逆張りは有効

スキャムコインのような未来のない通貨は1度暴落したら下げ続けるパターンが多いですが。

 

爆上げ要因②IEO(XCR)の販売開始アナウンス

重要ファンダメンタルが発表された時、執行された時はどの通貨も爆上げするように今回もその影響が大きかったです。

 

IEOの詳細

SnapCrab_NoName_2019-8-26_0-0-27_No-00.png

今回CROSSexchangeの基軸通貨になるXCRと現在のXEXの違いは大きくわけると

XEXはCROSSexchangeの配当で収益を得るインカムゲイン

XCRは価格上げで利益を得るキャピタルゲイン(スーパーノードはインカムゲイン)

 

 

【スケジュール】

<一般販売>
8/2613:008/2812:59 VIPメンバーのみ
8/2817:008/3021:00 VIPメンバー・一般

<スーパーノード向け販売>
9/213:00 9/412:59VIPメンバーのみ
9/417:00 9/612:59VIPメンバー・一般

 

このIEOのXCRはロックアップされていないXEXコインで購入出来るので

XEXコインの売り圧が小さくなりXCRが欲しいユーザーからすれば買い圧が上回り爆上げに繋がります。

なのでIEO販売中(一般販売・スーパーノード向け販売)はXEXは間違いなく上がり続けます。

なのでXEXを売りたい人はXEXの売り時はIEOが終わる前の
8/28の13時前あるいは9/4 13時前に売るのが最適です。

今通常板で購入し8/28か9/4に売るというのも有りですね!

 

今回のIEOがなぜ上がるか?

XCRの販売枚数は

一般156,553,307
スーパーノード14285714×10

3億枚に対して

 

XEXは

・XEX市場に33億枚流通
・ロックアップ率86.35%なので28.5億枚がロック中
つまりロック解除されているXEXは4.5億枚

売り板には現在約5000万枚があります。

XCRとXEXのレートは現在だいたい同等なので

3億枚全て売られると想定したら

XEXの売り圧4.5億枚→1.5億枚にまで減ります。

なので今回の上げは一瞬の上げとかではなくこれからも売り圧が減り価格上昇すると思われます。

XCRを購入するメリットとは?

先ほど言ったように

XEXはCROSSexchangeの配当で収益を得るインカムゲイン

XCRは価格上げで利益を得るキャピタルゲイン(スーパーノードはインカムゲイン)

と言ったように価格上げ狙いによるキャピタルゲインです。

 

XEXはマイニングされ発行枚数の100億枚に対して現在33億枚しか掘られていないので

単純に100億枚掘り終わる頃には価格が上がりにくかったり今の価格の3分の1になっていてもおかしくないということです。なのでキャピタルゲインは狙いにくいです。

 

XCRはマイニングなどもないので発行枚数=市場に流通する枚数になるので

XEXよりキャピタルゲインを狙いやすいということです。

 

XCRが具体的に上がる秘訣は?

①他取引所への上場

【9月中】
RMT(リアルマネー取引所)への上場
相対取引での取引

【11月~12月】
CROSS exchange他、複数取引所への上場

 

②トランザクションによる買い上げバーン(Burn)

今後CROSSが展開するサービスによるトランザクションとXEXプライベートファンドによる、買上げ&バーンにより、市場流通量が段階的に減少し1枚あたりの希少性が増すと予想されます

SnapCrab_NoName_2019-8-26_0-9-4_No-00

③取引所基軸通貨

出来高の高い大手取引所の基軸通貨はどれも上がりまくっています。

バイナンスのBNB FcoinのFT HuobiのHT Kucoin、bibox・・・etcの通貨があります。

共通することはどれもIEO価格より上がっているということです。

特にBNBでは数百倍になっています!

このCROSSexchangeの取引所が出来高が増し全世界のユーザーを集められれば

更に出来高が増し主軸通貨のXCRも上がりやすくなります!

 

今回のXCRの価格は0.08ドル~0.011ドルで販売されますが

2018年初旬のプライベートセールでは0.035ドルだったそうです。

倍以上の価格になりました。

 

IEO価格は高い?安い?発行枚数、時価総額から考察

SnapCrab_NoName_2019-8-26_0-43-18_No-00.png

XCRIEO価格0.08ドル~0.11ドル

2018年のプライベートセールは0.035ドル

XCRの総販売総額は6000万ドル(63億)

発行枚数は50億枚で内訳は

市場ユーザー20億枚+(予備10億枚)+20億枚運営

とホワイトペーパーに記載されています。

 

今回のIEOでは約3億枚のXCRが販売されます。

全体の 20億枚(+10億枚)に対して3億枚(36億相当)なのでかなり少ないです。

2018年初旬のプライベートセールでは1枚あたり約3.7円なので恐らく17億枚を販売で6000万ドル販売したということかな?

なので全体の20億枚のうち3億枚が0.08ドル~0.11ドルで販売され

残りの17億枚は0.035ドルで販売されたので不利になります。

 

今回3億枚が0.12ドルで売られるとして総販売総額が6000万ドル+3600万ドル=9600万ドル

なので約100億円。時価総額100億円といえば時価総額64位のMONAコインとほぼ同等からのスタートということなので上値重い印象。

時価総額7位のBNBは4300億円なのでbinance規模になれば43倍になる可能性もあるが・・・。

 

今回のCROSSexchangeのIEOは第2軍なので第1軍の人たちは上場時に価格が上がっていれば即売りする人も多いと思うので第1軍が手放し第3軍が買いに走るちょっと前ぐらいに買おうかな。

 

XCRはキャピタルゲイン狙いなので今回は焦らず

XEXのキャピタルゲイン狙いに集中しようかな

登録

広告

関連記事

  1. 1/29 plustoken自社取引所オープン 価格は2ドル→30ドルに暴騰

  2. cryptoGT入金30%ボーナス

  3. 4/21 お知らせ一覧 HYIP、仕手、バイナリ、FX

  4. 【3月29日】H&Bノアコイン買い取りページ公開!

  5. H&B(HBT)新規取引所ICO案件 取引手数料85%、バックコンテンツ収益50%バック、ICO割れしない!CROSSexchangeの上位版?!

  6. CROSSexchange XEXが暴落中なぜ下がった?今後どうしたら上がる?マーケットメイク、テクニカル分析

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

FX自動売買EA

PR

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。