広告

2/5 仮想通貨ファンダメンタル

創業者死去で顧客資産引き出せず-仮想通貨の世界で新たな問題露呈

カナダのデジタル通貨交換業者クアドリガCXは、解決策の見えない2億米ドル(約220億円)の問題を抱えている。規制のない仮想通貨の世界で、またも注意を促す事態が発生した。

ノバスコシア州ハリファクスの裁判所に1月31日提出された文書によれば、バンクーバーに本社を置くクアドリガは顧客のため保有するビットコインやライトコイン、イーサなどの仮想通貨約1億9000万カナダ・ドル(約159億円)相当を引き出せない。返済すべき現金7000万カナダ・ドルも支払えない状況という。

クアドリガ創業者のジェラルド・コットン最高経営責任者(CEO)が昨年12月9日にインドでクローン病の合併症で死亡し、仮想通貨出し入れのための鍵を保存するアプリケーションへのアクセスが失われたようだからだ。

同CEOのジェニファー・ロバートソン夫人は宣誓供述書で、コットン氏がセキュリティーを常に気にして、創業5年のクアドリガ運営で使用するラップトップや電子メールアドレス、メッセージシステムを暗号化していたと説明。資金と仮想通貨の扱いと会社の金融・会計面を全て1人で管理し、ハッキングを避けるため、仮想通貨の大半を「コールドウォレット」と呼ばれるオフライン管理に移していた。

同夫人は夫のパスワードはおろか、会社の記録を一切見つけることができず、裁判所文書によると、専門家がコットンCEOのコンピューターや携帯電話への侵入を試みたが「成果は限定的」だった。

クアドリガの取締役らは同社ウェブサイトに1月31日掲載した通知で、ノバスコシア州の裁判所に資産保全の申し立てをしたと発表。その間に顧客サービス能力に影響を与えている「大きな財務問題」に対処すると説明した。「ここ数週間、コールドウォレットに保管されている非常に多額の仮想通貨資産の場所を突き止め確保する試みを含め、当社は流動性問題に集中的に取り組んできた」などとコメントした上で、「残念ながら、こうした努力は成功していない」と記した。

 

 

バイナンス等の主要仮想通貨取引所、ビットコイン取引高は2017年以来の低水準|Diar最新報告書

仮想通貨の取引高は1月に大幅減速
仮想通貨・ブロックチェーンの調査企業Diar社は新たにレポートを公開し、1月期における主要仮想通貨取引所におけるビットコインを始めとした全体取引高は、2017年以来の最低水準を記録している事が判明した。

仮想通貨の取引高は1月に減速

仮想通貨・ブロックチェーンの調査企業Diar社は新たにレポートを公開し、1月における仮想通貨取引所の取引高は、2017年以来の最低水準を記録していることを指摘している。

同レポートによると、世界取引高No.1を誇る取引所BinanceのBTC/USDT取引高において昨年の12月比で、40%以上減少しており、Binanceが2017年の開設以来、最も低い取引量が見られた1ヶ月となった。

Binanceの2018年1月から2019年1月における取引高の推移

 

 

米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現

アメリカの大手仮想通貨取引所、クラーケン(Kraken) は2月5日、イギリスに本社を置き、英国金融監督機構(FCA)の規制の下、仮想通貨先物取引で業界をリードするCrypto Facilities社を、「9桁」の支払額で買収したと公式ブログから発表した。

正式な買収金額は未公開だが、1億ドル(約110億円)を超えると一部では想定されている。

またクラーケンはこれまでにも、数々の小規模取引所や関連企業を買収してきたが、今回の買収は同社最大規模となり、2019年の仮想通貨業界でも最多額の買収となっている。

今回仮想通貨取引所クラーケンにより買収されたCrypto Facilities社は、2015年にロンドンで設立され、同年ビットコイン先物の取り扱いを開始して以来、順次取り扱い通貨を増やし、現在では24時間、365日体制で、BTC、ETH、 XRP、 LTC、そして BCHの先物取引を提供している。

Crypto Facilities社はイギリスの金融規制当局であるFCA(金融行為規制機構)の認可を受け、個人及び機関向けに事業を展開している。

さらに特筆すべきは、Crypto Facilities社は主要仮想通貨指標の提供企業としても知られており、米シカゴ・マーカンタイル取引所 (CME)におけるビットコイン先物の基準価格指標も提供している。

米国のクラーケンを利用する顧客は先物取引を行うことはできないが、英国の金融当局から認可を受けている仮想通貨企業を買収したことは欧州における仮想通貨取引事業を展開しているクラーケンにとっては良い買収となった。

 

 

米フェイスブック初、仮想通貨決済の促進を図るブロックチェーン企業を買収

米ソーシャルメディア大手Facebookが初めて、イギリスの小規模ブロックチェーンスタートアップ企業『Chainspace』を買収し、そのチームを雇ったことを、米人気オンラインメデァイCheddarが報じている。フェイスブック現在はインドを初の市場対象として、自社のWhatsApp上で送金可能な米ドルに準拠した安定通貨を開発しているなど業界参入に向け本腰を入れている。

 

 

リップルのロング比率が約80%まで復調、ビットコイン価格で注目の2シーズンを昨年チャートから振り返る|仮想通貨市況

仮想通貨市場
●CoinGeckoの年次レポートに市場の関心

●リップルのロング比率が約80%まで復調

●ビットコイン価格で「注目の2シーズン」を昨年チャートから振り返る

金融市場と仮想通貨

本日の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均株価 ドル円
1/23(水) 24,404ドル(-301) 20,593円(-29) 109.63円(+0.3)
1/24(木) 24,575ドル(+171) 20,574円(-19) 109.69円(+0.6)
1/25(金) 24,553ドル(-22) 20,773円(+198) 109.76円(+0.7)
1/28(月) 24,737ドル(+183) 20,649円(-124) 109.41円(-0.35)
1/29(火) 24,528ドル(-208) 20,664円(+15) 109.43円(+0.02)
1/30(水) 24,579ドル(+51) 20,556円(-108) 109.02円(-0.41)
1/31(木) 25,014ドル(+434) 20,773円(+216) 108.87円(-0.15)
2/1(金) 24,999ドル(-15.19) 20,788円(+14) 109.48円(+0.61)
2/4(月) 25,063ドル(+64) 20,883円(+45) 109.74円(+0.26)

本日の東京株式市場は、米経済統計が市場予想を上回ったことで、景気後退懸念が一定程度解消され、センチメントが改善。日経平均株価は続伸した。

2018-03-10 20:30

ビットコインテクニカル

ビットコイン価格は、昨年末の直近高値を起点とした4時間足の「下降チャネル」の下限で何度か反発しているものの、引き続きチャネルのセンターラインに上値を押さえつけられ、上抜けするまでには至っていない。

意識されやすいサポートラインは、fib0.786の「3460ドル(37万円後半〜38万円)」がある。

 

ブラジル映画館でビットコインの支払に対応

Bitcoinist.comの報道により、ブラジル映画館のCine Multiが、ビットコイン支払に対応するシステムを開発するため、ソフトウェア開発会社のBancrypとの提携を発表したことが分かった。このサービスを正式に実行できれば、ビットコインの支払に対応する映画館はブラジル初という。

広告

関連記事

  1. 2/1 仮想通貨系配当報告 日利18万

  2. 2/6 仮想通貨ファンダメンタル

  3. 1/18 CROSSexchange配当報告

  4. 1/17 新規取引所CROSSexchange配当報告

  5. 2/2 仮想通貨ファンダメンタル

  6. 1/19 CROSSexchange配当報告 日利7000円+(約10万)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

Bigboss-MAM-クロノ

banner
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。