広告

2/4 仮想通貨ファンダメンタル

Macを標的として仮想通貨を盗もうとするマルウェアを発見と発表

ITセキュリティ会社のPalo Alto Networksの発表によるとCookieMinerと呼ばれるブラウザ上に残ったCookieと呼ばれる情報を盗みだすことによってブラウザウォレットや取引所の認証情報を得ることで仮想通貨を盗もうとするマルウェアを発見した

 

 

ビットコイン(BTC)とゴールドとの相関関係強まる、市場の主流にとWSJが予測

ビットコイン(BTC)は今後主流の資産となり、金(ゴールド)を含む伝統的な資産との強い相関関係に進化しようとしています。仮想通貨メディアのNewsBTCがウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の報道を引用して伝えました。ビットコインはデジタルゴールドそのものになりうるか否かという論議に一石を投じる記事の概要をお伝えしましょう。

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャート

米国の株式市場の乱高下から伝統的市場を不安視する投資家増大

WSJは伝統的市場との相関関係強化の裏にある要因として、機関投資家による資金調達、ベンチャーキャピタル(VC)投資の増大、高まる主流化などがあると伝えています。にもかかわらずWSJは、ビットコインが株式市場あるいは金属市場のような主流の投資ビークルよりなおはるかにボラティリティが大きく、リスクも高いと述べています。

ビットコインは安全な避難先であるセーフ・ヘブン投資になりうるかどうかについて、仮想通貨コミュニティーで話し合いが行われました。その中で米国の株式市場がますます乱高下していることから、投資家の間で伝統的な市場を不安に思う人が増えていることが指摘されました。

歴史的に、金やその他の貴金属は、最も人気のある安全な投資先であります。投資家や金融機関は、株式市場でのポジションをヘッジするほかに、金やその他貴金属を好んで購入します。同様に、多くの仮想通貨投資家は、ビットコイン(BTC)が最終的にゴールドに取って代わって、デジタル・セーフ・ヘブン投資の役割を果たすGold 2.0になることをますます期待するようになっています。

 

 

「ビットコインはインターネットの通貨になる」 ツイッターCEOが再び表明

ツイッター共同創業者兼CEOであるジャック・ドーシー氏は、ビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブ通貨になると確信していると、再び表明した。

 

 

イーサリアム開発者、ASIC対策のPoWアルゴリズム実装判断を第三者の監査後に延期

イーサリアム(ETH)のコア開発者たちは、特定用途向け集積回路(ASIC)マシンの参入を妨害するためのPoWアルゴリズム「ProgPoW」を実装するかどうかについて、決定を延期することにした。

広告

関連記事

  1. cross exchangeマイニング10%upキャンペーン

  2. 1/12 バイナリ収支報告

  3. 2/28 バイナリ裁量収支報告 +79760円

  4. plustoken取引所報告

  5. 仮想通貨配当HYIP案件の進展報告

  6. 収支報告 crossexchange 約40時間で+14万円

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

FX関連

PR

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。