広告

1/31 仮想通貨BTCテクニカル分析

SnapCrab_NoName_2019-1-31_13-37-2_No-00.png

↑BTC/USD/日足

昨日は陽線を付けXRPがそこそこの暴騰をしました。

暴騰といっても暴落後の調節戻しですが。

BTCは昨日のところでボリンジャーバンドσ3付近にいるのと、軽いサポートライン、MAとの乖離発生で多少反発されます。

ただ大きなダブルトップネックラインがまだ理想値(2倍)より全然下がってないので水色の直近安値付近までは下がってもおかしくないところ。

SnapCrab_NoName_2019-1-31_13-37-34_No-00.png

↑BTC/USD/1時間足

今までずっと高値切り下げ、安値切り下げの下げダウでしたが

昨日やっと安値切り上げ、高値切り上げし上げダウにトレンド転換しました。

1時間足は主にデイトレーダーを見る足なので

今現在ロングで入っている人が決済する部分としては

・高値切り下げした時

・安値切り下げした時

・ボリンジャーバンドに当たり加速の大陽線付けた時

↑3つが決済ライン。

広告

関連記事

  1. 1/27 BTCテクニカル分析

  2. コインチェック仮想通貨交換業者として認可登録!XEMを買え!

  3. 1/15 BTC大暴騰理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

FX自動売買EA

PR

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。