広告

1/30 仮想通貨ファンダメンタル

LINEと野村HD ブロックチェーンを活用した金融事業で資本業務提携へ | 仮想通貨取引所運営のLVCへの出資検討

LINEと野村ノールディングスは30日、仮想通貨やブロックチェーン領域での金融事業における資本業務提携の検討を開始すると発表した。

 

ブロックチェーンブラウザのブレイブ 米新興メディアのチェダーと

 

米半導体大手AMD 仮想通貨マイニング需要の欠如で19年1~3月の収益は苦戦

米半導体大手のAMDは29日に18年決算を発表した。発表の中で19年第1四半期について、仮想通貨マイニング需要の欠如が一因となり、収益は苦戦すると予想する。

 

2週間前にハッキングを受けた仮想通貨取引所クリプトピア 再び仮想通貨が流出か=調査会社がレポート

2週間前にハッキングを受けたニュージーランドの仮想通貨取引所クリプトピア(Cryptopia)で再びハッキング事件が発生したようだ。

 

ビットコイン取引、日本円が米ドルを一時的に超える

Coinhillsのデータによると、1月29日の24時間における日本円のビットコイン取引の比率は49.10%であり、米ドルの45.80%を超えていることがわかった。

 

過去1000億円にも及ぶ相仮想通貨流出事件、主犯は2つのプロハッカー集団か|最新調査報告書

2つのプロのハッカー集団が総額10億ドル相当の仮想通貨を盗難
著名仮想通貨調査企業Chainalysisの最新報告により、2つの高度なハッキング知識を持つハッカー集団は今まで約10億ドル(1090億円以上の)に相当する仮想通貨を盗み、発覚したすべての盗難事件の6割以上占めている。ハッカー集団はAML完備の仮想通貨取引所を利用している点も大きな問題点である。

2つのプロのハッカー集団、総額10億ドル相当の仮想通貨を盗難

仮想通貨調査企業Chainalysisの最新報告によれば、2つの高度なハッキング知識を持つハッカー集団が盗んだ約10億ドル(1090億円以上の)に相当する仮想通貨は公表されたすべての盗難事件の6割以上を占めていることが判明した。

複数の政府ともリサーチ事業の連携をしているChainalysis社は3ヶ月に渡り流出された仮想通貨を追跡した結果、AlphaとBetaという集団がハッキングの犯人であることが分かった。

まず、『Alpha』という規模の大きい集団は綿密な計画を立てた上、金銭目的以外の動機でハッキングを行うグループだが、今回のChainalysisの報告ではこの動機について詳細を公表していない。なお、1月30日に公開する予定をしている仮想通貨ハッカーに関するレポートでより詳しい情報を含めている可能性が高いとされている。

そして『Beta』という第二の集団では、後援者がいながら、金銭目的を主な犯行理由としている。

両集団共に複数のウォレットを利用し、盗み出した仮想通貨を追跡困難に仕掛け、平均5000回の資金転送が行われており、特にAlphaの場合、15,000回の資金転送も行なったという。

日足のトランザクション数は以下の通りとなっている。

広告

関連記事

  1. 1/15 BTC大暴騰理由

  2. 2/5 仮想通貨ファンダメンタル

  3. 2/1 仮想通貨ファンダメンタル

  4. イーサリアム大型アップデート延期により価格はまだ上がらない!

  5. コインチェックBTC入出金停止!ハッキング被害か?!セキュリティ対策はコールドウォレットへ

  6. Binance 上場廃止の基準

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

LINE@ ブログには載せれない内容流してます。

友だち追加

FX自動売買EA

PR

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。