広告

コインチェック仮想通貨交換業者として認可登録!XEMを買え!

SnapCrab_NoName_2019-1-11_21-11-46_No-00.png金融庁は11日、マネックスグループ国内最大手のコインチェック株式会社を、改正資金決済法に基づき仮想通貨交換業者として認可登録しました。

東京都渋谷区に拠点を置くコインチェックは11日、公式プレスリリースにて「資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了しました」と発表しました。

金融庁は2017年4月に改正資金決済法を施行し、国内の仮想通貨交換業者に登録制を導入しました。

コインチェック社も当時登録申請中でしたが、昨年1月には記憶に新しいNEM巨額流出事件が発生し、以来金融庁による二度の業務改善命令を受け、昨年4月にはネット証券大手マネックスグループの完全子会社となり経営体制の再構築をしてきました。

とのこと。

 

昨年1月コインチェックはNEM580億のハッキングを受け

莫大な量を保持していたのでNEMはコインチェックの動きに左右されています。

 

SnapCrab_NoName_2019-1-11_21-13-28_No-00.png

coincapmarketは板取引所のみの掲載なので

販売所のコインチェックのNEMは記載されていませんが日本国内のZAIFですら4位です。

コインチェックの販売出来高規模はそれと同等以上だと思うので今回のコインチェックニュースはNEMが中長期で上がる材料の1つになりますので

何の銘柄を買おうか悩んでいる方はXEMを買うことをオススメします。

しかしXEMのようなアルトコインはBTCと連動しているのでBTCの動きにも注視してください。

 

SnapCrab_NoName_2019-1-11_21-10-53_No-00.png

↑BTC 日足

現在4079ドル付近で2回抑えられダブルトップの形形成。昨日大陰線を付けてネックラインで留まっているがあと数日レンジの調節が終わったらネックライン3587ドルも割る可能性が大いにあります。ここ付近で急反発な上げがないと恐らく割ります。

 

もし割れば3169ドル付近or安値更新すると思われますが

最近上げファンダが多いので一気に暴騰し置いて行かれる可能性もありますので

現物では底値から取ろうとは思わないほうがいいです。

 

直近の仮想通貨上げファンダ
・ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想
・新たな現物決済のビットコインETF申請が米SECへ提出|
・金融庁、仮想通貨取引所コインチェックを認可
・暗号学者Nick Szabo氏「世界の中央銀行の一部がゴールドではなく暗号通貨に頼るようになる可能性がある」
・bitfinexロング比率が急増。

広告

関連記事

  1. 1/15 BTC大暴騰理由

  2. 2/1 仮想通貨系配当報告 日利75000円

  3. crossexchange 1/16配当報告 配当金が爆発中

  4. 仮想通貨格付け

  5. 2/6 仮想通貨ファンダメンタル

  6. 仮想通貨配当HYIP案件の進展報告

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仮想通貨有益配信

友だち追加

FX最大手証券会社

HYIP

PR

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。